マルガリータ

「マルガリータ」のカクテル写真
カクテルタイプ ショート グラス カクテルグラス
テイスト 中甘辛口
アルコール度数 強い(25度以上) 製法 シェーク

材料名分量

テキーラ サウザ シルバー
2/4
ホワイトキュラソー
1/4
ライムジュース
1/4

分量表記について

作り方

1
シェークして、塩でスノースタイルにしたカクテル・グラスに注ぐ。

ワンポイント

1936年、メキシコのホテルバー誕生説をはじめ、発祥はさまざまに語られている。ただし、1949年のアメリカで、ロサンゼルスのバーテンダー、ジャン・デュレッサーがカクテルコンテストに出品した「マルガリータ」が入賞作品となり、世界に広まったことは確かなようである。尚、現在のスタンダードレシピと、コンテスト時のレシピ(ブレンダー使用)は多少異なる。デュレッサーが1970年にイギリス・バーテンダー協会のインタビューを受けときに明かした悲話がまた有名になった。1926年、恋人マルガリータと狩猟に出かけ、そのとき彼女は誰かが誤って撃った流れ弾に当たり亡くなってしまった。その彼女を偲んで創作した、というもの。

ページトップ

テキーラをつかったカクテルレシピ

テキーラをつかった
カクテルレシピをもっとみる
  • パロマ
    テイスト:
    中甘辛口
    アルコール度数:
    普通
  • ピニャ・コラーダ
    テイスト:
    中甘辛口
    アルコール度数:
    弱い(8度以下)

分量表記について

分数

カクテルグラスに注いだときの適量:
1(60ml) に対してどれくらいかを表したもの。
例)2/3 ⇒ 60ml × 2/3 = 40ml

tsp(ティー・スプーン)

全体の量にプラスする形で表示。
1tspは約5ml。

dash(ダッシュ)

全体の量にプラスする形で表示。
1ダッシュは1ml。

おすすめのカクテル検索

定番リキュール・スピリッツのカクテル