ブラッディ・メアリー

「ブラッディ・メアリー」のカクテル写真
カクテルタイプ ロング グラス タンブラー
テイスト 中甘辛口
アルコール度数 普通 製法 ビルド

材料名分量

ジャパニーズクラフト<BR>ウオツカHAKU(白)
45ml
トマトジュース
適量
レモンジュース
1tsp.

分量表記について

作り方

1
氷を入れたタンブラーに注ぎ、軽くかき混ぜる。
2
レモンを飾る。

ワンポイント

香味に独特のジューシーな潤いを抱いた「HAKU」とトマトジュースが溶け合い、ふくらみのある柔らかい味わいが特長。アメリカのホテルバーではレストランのコンソメスープやホースラディッシュ(洋わさび)を隠し味に使ったりしている。トマトジュースをクラマトジュース(トマトとハマグリのエキスのミックスジュース)に替えると「ブラッディ・シーザー」。ジンベースにすると「ブラッディ・サム」となる。1921年にパリ、『ニューヨークズ・バー』(1923年に『ハリーズ・ニューヨーク・バー』)で誕生したといわれている。カクテル名は、イングランド女王およびアイルランド女王であったメアリー1世(1516-1558)に由来しているとの説がある。カトリック復興のためにプロテスタントを迫害したため、「血まみれメアリー」と呼ばれた。赤い液色から連想して命名されたというものである。ただし、ネーミングに関しては諸説ある。「ピナクル ウオツカ」もおすすめ。

ページトップ

ウオツカをつかったカクテルレシピ

ウオツカをつかった
カクテルレシピをもっとみる
  • チチ
    テイスト:
    中甘辛口
    アルコール度数:
    弱い(8度以下)
  • チョコティーニ
    テイスト:
    中甘辛口
    アルコール度数:
    強い(25度以上)
  • トロイカ
    テイスト:
    中甘辛口
    アルコール度数:
    強い(25度以上)
  • バラライカ
    テイスト:
    中甘辛口
    アルコール度数:
    強い(25度以上)

分量表記について

分数

カクテルグラスに注いだときの適量:
1(60ml) に対してどれくらいかを表したもの。
例)2/3 ⇒ 60ml × 2/3 = 40ml

tsp(ティー・スプーン)

全体の量にプラスする形で表示。
1tspは約5ml。

dash(ダッシュ)

全体の量にプラスする形で表示。
1ダッシュは1ml。

おすすめのカクテル検索

定番リキュール・スピリッツのカクテル